トップページ トップページ
お買い物
多伎いちじく (生果実) 多伎いちじく (生果実)
多伎いちじくジャム30 多伎いちじくジャム30
多伎いちじくシロップ煮 多伎いちじくシロップ煮
多伎いちじくジャム 多伎いちじくジャム
多伎いちじく加工品セット 多伎いちじく加工品セット
業 務 用 業 務 用
タキ・ファームについて
お問合せ
お名前:
E-Mail:


 オーナーの石飛準です


当サイトでは、お客様のプライバシィ保護の為、128ビットSSL暗号化通信を採用しております。
このショッピングシステムは、CookieとJavaScriptを利用しております。対応していないブラウザを御利用の場合、お手数ですがメールにて御注文くださいませ。

        

             

多伎いちじく (蓬莱柿)

多伎いちじく 蓬莱柿(ほうらいし)とは

いちじくは「無花果」と表記して、花を咲かせずに実をつけることからその名前がついています。
実際には、花が咲かないのではなく、花が果実である壺型の花托の中に出来、外からは見えないためだと思われます。

日本には寛永年間(1624〜1644)にポルトガル人によって伝えられたと言われ、「蓬莱柿」(ほうらいし)と呼ばれ全国に広がっていきました。戦前までは、各家庭の庭先に家庭果樹として植えられていました。実が熟すとおやつがわりに食べていたものでした。

現在栽培されているいちじくの多くは、明治時代に入ってきた西洋種の桝井ドーフィンという種類です。日本では一番多く作られています。他にもホワイトゼノア、ビオレ・ドーフィンなどがあります。
出雲市多伎町で栽培している蓬莱柿は今では栽培されているところが少なくなり、珍しい品種となりました。関西以西の方は、いちじくと言うとこの蓬莱柿をイメージされる方が多いかもしれません。

蓬莱柿(ほうらいし)特徴

・とにかく甘みが強い  風味はいちじくの中でもトップクラスです。
・熟すとおしりのところが割れてきます。 おちょぼ口になったら食べごろです。
・プチプチした食感がやみつきにになります。

棚栽培のいちじくいちじく畑での作業いちじく
  

 

タ キ ・ フ ァ ー ム 代表 石飛 準
〒699-0903 島根県出雲市多伎町小田1005
TEL・FAX 0853-86-2328
e-mail 
tagiss@icv.ne.jp


島根多伎いちじく生産・加工(いちじくジャム、いちじくシロップ煮)の販売 タキ・ファーム [http://takifarm.noomise.com/]
お問い合わせ:tagiss@icv.ne.jp